排水管で水漏れが起きたときの対処法

もしも排水管で水のトラブルが起きたら、ほとんどの場合は専門業者による修理が必要となります。排水管でなぜ水のトラブルが起こるのか、万が一に備えて応急処置のやり方も覚えておきましょう。

■排水管の中は圧がかかっていない

排水管は毎日使う生活用水が流れるところです。キッチン、バスルーム、洗面台、トイレなどにありますが、生活用水だけが流れる仕様になっているので中に圧力がかかることはありません。そのため、圧がかかることで壊れることはないのです。
排水管のトラブルの代表と言えば水漏れや詰まりでしょう。もしもトラブルが起きたら専門家による修理が必要になりますが、とりあえず応急処置として何をしたらいいのか知っておくと役立ちます。

■応急処置を施そう

排水管で水漏れや詰まりのトラブルが起きたときは、漏れた水を受け取るバケツや、床がこれ以上濡れないようにビニールシート、古新聞などで対処するといいです。チョロチョロ水が漏れているところはタオルやラップなどを巻いて応急処置しましょう。
もしも水道管が破裂したことで水漏れトラブルが起きている場合は、これ以上水が漏れてこないように止水栓を締めてください。あとは修理業者が到着するのを待つだけです。

■まとめ
応急処置を知っているのと知っていないのでは大きな違いがあります。できるだけ被害を小さくし、被害が広がらないためには、応急処置がカギを握ります。万が一に備えてバケツや古新聞などを準備しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ