配水管や排水管が破裂して水漏れが起こったら

水に関するトラブルは必ず何かしら原因があります。その原因を把握しておけば、もしも目の前で水のトラブルが起きても冷静に行動できますし、専門業者へ修理を依頼するときも状況説明がしやすくなるでしょう。

■管が破裂するトラブルもある

配水管や排水管などの水道管で起きる水漏れなどのトラブルは水道 工事が必要です。様々な原因でトラブルを招きますが、例えば管の中が凍ることで破裂することもあります。特に水分は凍ると液体から固体に変わります。このとき体積が増えるので、管の中で膨張します。
特に外気温がマイナス4度以下になると凍結の恐れがあるので、管の中が膨張して破裂する恐れがあります。配水管の場合は水抜きをすることで凍結を防ぐことができるので、夜寝る前に必ず水抜きをしておきましょう。

■もしも破裂したら

もしも破裂した場合は緊急に工事が必要になります。排水管の場合は中で圧がかかっていないのですが、配水管の場合は水の流れに勢いをつけるために圧がかかっています。破裂した際には排水管よりも被害が大きくなることもあり、専門業者による水道 工事が必要です。
水漏れなどいつもと違う状況が確認できるようなら、これ以上被害が大きくならないように早めに専門業者へ相談しましょう。
 

■まとめ
配水管や排水管のトラブルはいつ起こるかわかりませんが、寒さの厳しい季節に破裂の恐れがあることを知っておくだけでも、万が一に備えて心構えができます。水のトラブルは色々ありますから、予備知識としてチェックすることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ