水漏れ箇所は排水管だけではない可能性も

水漏れトラブルが起こると多くの方は慌ててしまいます。しかも、水のトラブルだと思っていたのにそうではなかったと早とちりすることもあります。どんな場面で勘違いしやすいのか、気になるところです。

■水漏れがどこで起きているのか

排水管から水漏れが起きていれば水道 修理が必要なトラブルとなりますが、本当に水が漏れているトラブルなのか判断するのは素人にはとても難しいです。例えば、床が濡れているときに水漏れではなくほかの原因が考えられることがあります。床が濡れている場所は、湿気が多い場所ではないでしょうか。加湿器が置いてある場所のように水蒸気が発生しやすく湿度が高くなる場所では、水が漏れているように勘違いすることもあります。
バスルームのドアを開けっぱなしにすることも、湿気を充満させることになるので注意が必要です。

■水が漏れているかどうか確認する方法がある

排水管の水漏れ以外にも、水道 修理が必要になる配水管の水トラブルもあります。この場合、簡単な方法で確認することができます。まずは家の中の蛇口をすべて閉じてください。水をまったく使っていない状態で量水器をチェックします。配水管に何も問題がなければ量水器に動きはありません。10分程度観察して量水器が動いていれば、配水管のどこかで水が漏れている可能性が高いと判断しましょう。

■まとめ
いつ、どこで起こるか分からないのが水のトラブルです。状況によって専門業者の修理が必要なこともあるので、以前に比べておかしいところがあると気づいたときは迷わず、業者に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ